最後の質問を適切に答えて転職面接で好印象を

転職,面接,最後の質問

新卒の就職活動ではほとんどの企業に就職する場合に筆記試験が課せられ、書類選考と筆記試験の成績でふるいをかけられた人だけが面接にたどり着くことができます。一方で、転職を行う際には筆記試験が必ずしも必要とされず、書類選考の後に直接面接試験に移ることも多くあります。この面接では就職後の経験や転職の動機、転職後の抱負やその職種を選んだ理由などを聞かれます。また、実際に入社して実務につくことになったことを想定したロールプレイングなどが課せられる場合もあり、新卒者の就職試験よりもより専門性の高さが要求されます。 こういった試験で好印象を残し、高評価を得るには最後の質問でインパクトを与えることが重要です。時間がぎりぎりになってきたところで大抵の場合には準備してある最後の質問が投げかけられます。多くは将来の展望であり、稀に全く仕事とは関係のない質問であることもあります。こういう最後の質問を察して、他の人との差異が明確でインパクトのある発言をできるかどうかが重要です。試験している側も用意した質問になるので、他の質問よりも回答を聞くことに集中していますし、この直後に評定を決めるのでその影響が大きいからです。 352

転職を成功させる面接の受け答え

転職,面接,最後の質問

転職時には応募書類を送って書類選考に通過するのが第一関門です。その次には面接試験が待っており、こちらは慣れない雰囲気の中思うような受け答えができずに、なかなか成功することができないといった悩みをよく耳にします。 面接時に大事なのは、テンポ良く答えることです。試験といっても採用担当者との会話ですから、テンポが大事になります。相手は模範解答のような答えを求めているわけではなく、応募者が自分の考えを自分なりの言葉で伝えてくれることを期待しています。 ノウハウとしては、答えを短く簡潔にまとめることが大切です。長々と話していると、どこが要点なのか分からなくなってしまいます。また、理由づけや補足説明が長くなりそうな時には、最初に短く答えを伝えてしまいます。その後に説明や補足を加えれば、内容があいまいになりません。 面接試験だからと構えすぎずに、自分なりの考えを伝えることができれば転職活動はうまくいきます。教科書に載っているような模範解答よりも、考えて考えて出た答えを自分なりにまとめた方が心に響くものです。ただし、考え過ぎて黙り込むのは良くありません。返答に詰まった時には、その詰まった理由を伝えてしまうのも手です。 353